iTech

サステナブルWebデザインにサイトを移行するメリットとは?

サステナブルWebデザイン

サステナブルWebデザインにサイトを移行するメリットとは?

アイキャッチ画像

企業が優秀な人材を引き付けるために採用マーケティングが重要視されています。最新のデジタルツールやエンゲージメント戦略を駆使し、求職者の関心を引きつける手法が進化しています。本記事では、採用マーケティング会社が注目する効果的な手法を詳しく解説し、企業の採用活動を効率化するための具体的な方法を紹介します。

なぜ「サステナブルWebデザイン」という言葉が出てきたのか

デジタル環境の持続可能性に対する意識の高まり

インターネットとデジタル技術の普及に伴い、デジタル環境がもたらすエネルギー消費と環境への影響が注目されています。サーバーの運用やデータセンターの冷却に多大なエネルギーが必要とされるため、これを削減する取り組みが求められています。持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた世界的な動きの中で、デジタル環境の持続可能性が重要なテーマとなっています。

SDGsについての記事はコチラ!
SDGsとWebサイトのデザインとの関わりは?ホームページへの掲載例も紹介

環境に優しいビジネスのトレンド

企業の社会的責任(CSR)や環境・社会・ガバナンス(ESG)投資が注目される中、環境に優しいビジネスが求められています。Webデザインもその一環として、環境負荷を最小限に抑えるデザインが重視されています。企業がサステナビリティをビジネス戦略に組み込む中で、Webデザインもその一部として見直されるようになりました。

ユーザーのエコ意識の高まり

消費者のエコ意識が高まり、環境に配慮した製品やサービスを選ぶ傾向が強まっています。Webサイトもその例外ではなく、ユーザーは環境に優しいWebデザインを好むようになっています。環境に配慮したWebデザインを採用することで、企業はユーザーの信頼を得やすくなります。

技術の進歩と新しいデザイン手法の登場

Web技術の進歩により、環境負荷を軽減する新しいデザイン手法が次々と登場しています。例えば、軽量なコード最適化された画像の使用エネルギー効率の高いホスティングサービスの利用などが挙げられます。これらの技術進歩により、サステナブルWebデザインが実現可能となりました。

詳しくは、「エコなサイトデザインって何?設計の基本と成功事例をご紹介」でもご紹介しているので是非ご覧下さい。

法規制と基準の導入

一部の国や地域では、デジタル製品やサービスの環境影響を軽減するための法規制や基準が導入されています。これにより、企業はサステナブルなWebデザインを採用する必要性が高まっています。

現状のサイトをサステナブルWEBデザインへ移行する手順

サイトの現状分析

まず、現行のWebサイトのエネルギー消費や環境負荷を評価します。

多くのホスティングプロバイダーは、サーバーのエネルギー消費に関するレポートを提供しています。例えば、Google CloudやAWSなどの主要なクラウドホスティングプロバイダーは、ユーザーに対して環境負荷に関するデータを提供しています。

Google Cloudでアプリケーションを運用している場合、「Carbon Footprint」ツールがありユーザーが利用しているクラウドリソースから発生するカーボンフットプリントを計測します。これには、コンピューティングリソース、ストレージ、ネットワーキングサービスなどが含まれます。ツールは、各サービスのエネルギー消費量を測定し、それに基づいて二酸化炭素排出量を計算します。

タイトル:Carbon Footprint – クラウドの二酸化炭素排出量を測定

ウェブサイトのタイトル:Google CloudURL:https://cloud.google.com/carbon-footprint?hl=ja

サステナブルなホスティングサービスの選択

エネルギー効率の高いホスティングサービスや、再生可能エネルギーを使用しているプロバイダーに移行します。

グリーンホスティングプロバイダー

GreenGeeks、SiteGround、A2 Hostingなどのエコフレンドリーなホスティング会社

クラウドホスティング

Google CloudやAmazon Web Services(AWS)は、再生可能エネルギーの使用を増やしています。

軽量なコードと最適化された画像の使用

Webサイトのパフォーマンスを向上させるために、軽量なコードと最適化された画像を使用します:

  • コードの最適化: CSS、JavaScript、HTMLをミニファイし、不要なコードを削除します。これは、PageSpeed InsightsやMinifyCodeツールを使って実行できます。
  • 画像の最適化: 画像を圧縮し、WebPなどの次世代フォーマットを使用します。TinyPNGやImageOptimを使用して画像を最適化します。

🌟 画像の最適化におすすめのツール

ウェブサイトのタイトル:Squoosh
URL:https://squoosh.app/

Squooshは、JPEG、PNG、WebPなど、さまざまな画像フォーマットをサポートしています。最適なフォーマットを選択することで、ファイルサイズを小さくすることができます。

再利用可能なデザイン要素の導入

デザイン要素を再利用することで、開発コストを削減し、サイトの一貫性を保ちます。

  • デザインシステムの構築: ボタン、フォーム、ナビゲーションメニューなどの再利用可能なコンポーネントを作成し、一元管理します。これにより、更新が容易になり、無駄を減らせます。
  • CSSフレームワークの使用: BootstrapやTailwind CSSなどのフレームワークを使用して、効率的なデザインを構築します。

エネルギー効率の高いコンテンツ配信ネットワーク(CDN)の利用

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)を使用することで、ウェブサイトのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。CloudflareやFastlyのようなCDNプロバイダーを利用することで、ユーザーに近いサーバーからコンテンツを配信できるため、データの転送距離が短縮され、読み込み速度が速くなります。

通常、ウェブサイトのコンテンツは一つのサーバーからすべてのユーザーに配信されますが、CDNは世界中に分散された複数のサーバーにコンテンツをキャッシュし、ユーザーの地理的な位置に最も近いサーバーからコンテンツを提供します。これにより、ユーザーがどこにいても高速でコンテンツにアクセスできるようになります。

さらに、データの転送距離が短縮されることで、ネットワークの遅延が減少し、ユーザーエクスペリエンスが向上します。ページの読み込み時間が短くなるため、ユーザーの離脱率が低下し、サイトのエンゲージメントが向上します。特に、画像や動画などの大容量のコンテンツを扱うサイトにおいては、この効果が顕著です。

CDNを利用することでエネルギー消費の削減も期待できます。コンテンツが分散サーバーにキャッシュされ、ユーザーに近いサーバーから配信されるため、データの転送距離が短くなり、インフラ全体のエネルギー消費が抑えられます。これは、環境負荷の軽減にも貢献します。

CDNプロバイダーは、キャッシュ機能に加えて、圧縮や最適化などのパフォーマンス向上機能も提供しています。これにより、さらに高速なコンテンツ配信が可能となり、ユーザーにとって快適なブラウジング体験を提供します。

キャッシュの活用とデータベースの最適化

サイトのパフォーマンスを向上させ、エネルギー消費を減らすためにキャッシュを活用し、データベースを最適化します。

ブラウザキャッシュの設定

HTMLヘッダーにキャッシュ制御ヘッダーを追加し、リソースの再ダウンロードを防ぎます。

< phpの場合の例 >

<?php
header("Cache-Control: max-age=31536000, public");
?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
</head>
<body>

Cache-Control ヘッダーは、HTTP/1.1で導入されたキャッシュ指示子を指定するためのものです。このヘッダーにより、ブラウザや中間キャッシュ(プロキシなど)がどのようにレスポンスをキャッシュするべきかを決定します。

※ このコードは一例です。コンテンツの更新頻度によって、適切なキャッシュクリアのメカニズムを導入する必要性があります。また、機密情報のキャッシュについては十分注意しましょう。

データベースの最適化

不要なデータや古いログを削除し、データベースクエリのパフォーマンスを向上させます。

継続的なモニタリングと改善

サイトのパフォーマンスとエネルギー消費を定期的にモニタリングし、必要に応じて改善します。

  • 継続的なパフォーマンスチェック: 定期的にPageSpeed InsightsやGTmetrixを使用してサイトをチェックし、改善点を特定します。
  • フィードバックの収集: ユーザーやチームからのフィードバックを基に、さらなる最適化を行います。

まとめ

現状のWebサイトをサステナブルWebデザインへ移行するためには、現状分析から始め、エコフレンドリーなホスティングサービスの選択、軽量なコードと最適化された画像の使用、再利用可能なデザイン要素の導入、エネルギー効率の高いCDNの利用、キャッシュの活用とデータベースの最適化、そして継続的なモニタリングと改善が必要です。これにより、サイトの環境負荷を大幅に削減し、持続可能なデジタル環境を実現できます!是非、サイトのサステナブルWebデザインへの移行の詳しいお話を聞きたい!と思った方は弊社へお問い合わせ下さい。

おすすめ記事